交通事故が多くなる季節

埼玉県

季節によって変わる交通事故の発生率

交通事故の発生率というのは、季節によっても多少変わってくるので、まずはどのような季節に交通事故が多くなるのかを知っておきましょう。

そうすることで、交通事故の発生率が多い季節には、普段よりもさらに注意して車を運転するようになります。

最大の交通事故対策というのは、万が一の時に備えておくことではなく、交通事故を起こさない対策を練っておくことです。もちろん万が一の時に備えた対策も重要ですが、それ以上に交通事故を起こさないことが大切になります。

では、どの季節に交通事故が多くなるのでしょうか。最も交通事故が多く発生する時期というのは年末です

12月に交通事故が増える理由

ようするに12月が最も交通事故の発生率が多くなるのですが、なぜ12月に交通事故の発生率が多くなるのでしょうか。その理由は、忘年会でお酒を飲むことが多くなり、飲酒運転をする人が増えるからです。

それだけではなく、年末というのは仕事に追われることが多いので、忙しくてイライラすることが多いというのも交通事故が多くなる理由の1つでしょう。

よってお酒を飲んだら絶対に車の運転をしない、また、周りの人もお酒を飲んだ人に車を運転しないように注意を促すことも重要です。お酒を飲んでいる人を無理に運転させようとした場合には、運転した人だけではなく、強要した人も同罪になります。

飲酒運転は捕まると即座に免許停止処分となり、罰金も50万円になるので、絶対に行ってはいけません。仕事でイライラしているときも同様で、仕事が終わったら一息ついて落ち着いてから車を運転しましょう。

イライラしながら運転すると、周りのことまで気が回らなくなり、信号無視やスピード違反などをしてしまうことが多くなります。

このような不注意が事故を招くので、運転するときには注意しましょう。さらに12月は風が流行り始める時期でもあるので、風邪薬を飲んで運転する人がいることも事故が増える理由の1つです。最近は眠くならないタイプの薬もあるので、眠気が襲ってきたときには無理をしないようにしましょう。

交通事故被害に遭ってしまったら

また、気をつけていても、交通事故被害に遭うこともあります。加害者側には、自動車保険など手厚い示談サービスがある一方、被害者は弱い立場になるわけです。

万が一、交通事故被害にあったら、弁護士の無料相談を利用しましょう。日本は、車社会ですから、加害者に有利なように制度が設計されています。

どうしても、被害者が損をしてしまいがちなので、法律で守ってもらう必要があるのです。

交通事故に強い弁護士に示談をしてもらい、少しでも慰謝料を増額できるようにしましょう。よい弁護士に依頼して、被害にあった場合は、対応できるようにしておきましょう。

交通事故に強い弁護士のポータルサイトなどを利用して、家の近くの法律事務所、弁護士に相談するとよいでしょう。

参考ポータルサイト→交通事故弁護士相談カフェ