オープンカーのメリット、デメリット

オープンカーと聞くと派手なイメージがありますよね。一度はオープンカーに乗ってみたいという人は多いのではないでしょうか?ここではオープンカーのメリット、デメリットを紹介していきましょう。

【オープンカーのメリットとは?!】
オープンカーの最大のメリットはオープンした空間で車を走行できるということでしょう。オープンカーは屋根がひらくタイプの車になりますので、普通の車とは全く違い、開放感、爽快感を得ることができるでしょ。これは乗ったものにしか分からないオープンカー独特のメリットになります。特に過ごしやすい春や秋はオープンカーの魅力を最大限に感じることができるシーズン。春や秋の季節に空気のきれいなところをドライブすれば気持ちいいこと間違いなしでしょう。さらにオープンカーは運転していて明らかに楽しいです。いつも通っている道でもオープンカーで走るだけで違った印象を感じることができるでしょう。またオープンカーはかっこいいスタイリッシュなデザインのものが多く、オープンカーに乗っているだけで目立ちます。また周囲の目をひくことができるので自慢にもなりますね。

【オープンカーのデメリット】
次にオープンカーのデメリットです。まずオープンカーは屋根が開く構造になっているので通常の車に比べて車体価格が高く設定されています。また屋根の開くオープンカーは剛性が不足してしまうので補強する分コストも高くかかってきます。さらにオープンカーは一般的に2シーターのものが多く、車内スペースはかなりせまくなってしまいます。2シーターの場合荷物を置くスペースも少なく、あまり積み込むことができないでしょう。オープンカーで走っているとどうしても砂やほこりが貯まりやすくなるので、車内が汚くなるというデメリットもあります。また冬場や夏場は寒かったり、暑かったりするのでオープンカーの走行には向いていません。さらにオープンカーで走行しているとかなり人目をつきますのえ変な服装などはできませんし、知り合いに見られる可能性もあるでしょう。