車の種類

車と一言でいっても色々な形や種類、デザインがあります。ここでは自動車のボディタイプの分類について紹介していきましょう。

【王道のセダンタイプ】
セダンタイプは最も古くからある車の形であり、セダンとは馬車の籠椅子という意味があります。3ボックスという形状になっており、エンジンルーム、乗車空間、トランクの3つに分かれています。また4ドアが一般的ではありますが、2ドアのものも中にはあります。セダンの代表的な車種といえばトヨタのクラウンでしょう。

【ハッチバック】
ハッチバックは乗車空間とトランクが分かれていない形で、後部のドアが跳ね上がっています。コンパクトカーはハッチバックタイプのものが多く、3ドア、5ドアのハッチバックがあります。

【クーペ】
クーペは実用性よりもスタイル性を重視した車。クーペは2人乗りのものが多く、後部への荷物の出し入れなどの機能を持ったものもあります。

【ミニバン】
ミニバンは多人数が乗れるタイプの車であり、3列シートの車はミニバンタイプに当てはまるものがほとんどです。ファミリーカーの多くは3列シートになっていますのでミニバンタイプに分類されるでしょう。もともとは北アメリカでフルサイズであったバンを少し小さ目の形にしたのがミニバンです。ただ日本ではミニバンといってもサイズが大きいものもミニバンに分類されています。例えばトヨタのアルファードや日産のエルグランドなどはミニバンというよりもかなり大型のサイズにはなりますが、車の分類上としてはミニバンタイプになるのです。

【オープンカー】
オープンカーや屋根がないタイプのオープンな車の分類を言います。屋根がないため非常に開放的です。オープンカーといっても屋根がついているタイプのものが多く、開閉可能なものが主流になっています。屋根が付いていることによって雪や雨の日でも乗れる利便性が出ています。オープンカーの代表的な車種としてはコンバーチブル、カブリオレ、ロードスター、スパイダーなどがあります。

参考:オープンカーのメリット、デメリット