カートの面白み

カート

カートとは

カートはシンプルな構造の車両の乗り物のことで、小さな子供でも乗れるのが魅力です。

カートの構造

重心の低いフレームが特徴的で、エンジンやシートはむき出し、タイヤも特に覆われていない構造となっています。

車両を構成するフレームは、鉄パイプを折り曲げたり溶接した程度ですから、改めてシンプルで原始的だといえるでしょう。

カートの面白み

しかし、その面白みを紹介すると非常に奥深く、そして幅広い世代に愛されている理由が分かります。

いわゆるレーシングカートの対象年齢は4歳あたりからで、上のユーザー層は還暦を過ぎた人も少なくないです。

子供が乗れることからも分かるように、スピードはあまり出ませんが、それでもハンドルやペダル操作は本格的です。

プロの世界においては、フォーミュラドライバーの登竜門とされているので、原始的といっても馬鹿にはできないです。

世界的な一流F1ドライバーも通ってきた道ですから、プロを目指すならまずはカートが身近な乗り物となるでしょう。

構造こそシンプルですが、車両に必要なものが一通り揃っているので、基本を学ぶ教材として最適です。

ドライビングのテクニックは勿論、セッティングやレースの技術も学べるのが魅力的なポイントです。

カートの種類

カートといっても実はいくつかの種類があって、例えばスプリントは電動スクーターに近い乗り心地が楽しめます。
エンジンは車両を押して掛けるやや特殊なもので、レースを観戦すると良く見掛けることができます。

排気量は100ccほどですが、専用に設計されたコースを走る様子は、興奮や熱狂といったレースらしい楽しみを教えてくれるでしょう。

一方、125セルフモーター小アートはやや排気量が多い125ccで、100ccのものよりも更に乗りやすいのが特徴です。

寿命が長くメンテナンスが容易なメリットもありますから、割と普及しているタイプだといえます。

他にも、2輪向けのエンジンを搭載してカウルを大きくしたスーパーや、スピード重視のスポーツタイプなどがあります。

実際に乗るにはレース場やカート場に出向く必要こそありますが、遊園地でも楽しむことができます。

安全性を理由にスピードはあまり出ないものの、エンジン音や振動にステアリング操作の魅力が体験できるようになっています。

最初はアクセルやブレーキ操作をするだけでも楽しいですが、次第に速く走る魅力に気がつける可能性が高いです。

それこそが実際に体験してこそ味わえる良さで、文字の紹介だけでは伝わらない魅力が詰まっています。