自動車レースでおきた事故は罪にとわれるか

刑事罰

自動車レースで事故がおきると

自動車レースでは、皆が猛スピードで車を走らせるので、いくら運転技術に長けていても事故がないとは限りません。

クラッシュをして壁に激突したり他の車とぶつかったりすると、スピードが出ている分、事故のダメージは大きく命の危険さえ危ぶまれ、実際に、直接車同士がぶつかるだけでなく、スリップやクラッシュが原因の単独事故や接触、衝突事故を起こして、レーサーが死亡したという事例がたくさんあります。

一般道での事故の責任

一般の道で、事故を起こした場合、スピードが出ていても出ていなくても、運転技術があってもなくても、どのようなミスでも、ぶつかった方は加害者になります。

被害者に少しでもけがを負わせば人身事故扱いになり、重傷を負って後遺症が残ったり、ましてや死亡をさせたりすると、罰金や弁償だけでは済まず刑務所行きの罪に問われることにもなるのです。

自動車レースでの怪我は

自動車レースでは、スピードが出ているだけに、後遺症が残るような重傷を負わせたり死亡をさせてしまう確率が高くなります。レース中に事故を起こした場合、ぶつかった方は罪に問われるのでしょうか。

それともそのような事故が当然起こりうる競技として、事故が起こった場合、一般道での事故のような罪にはならないのでしょうか。

競技のルールを守ったかどうか?

自動車レースでは、プロのレーサーだけでなくアマチュアが参加をするものもありますが、競技ごとにルールが決められます。

例えば、コース外を走行することは禁止で、コース外を早回りして時間短縮をするということをして勝ったとしてもペナルティが課せられます。

また、ブレーキを踏み間違えてコース外に出てしまったときにコースに戻る場合は、後続の車の走行を妨げてはいけないというルールや、追い越されないように進路変更をするのは1回のみという規則、タイヤ交換や給油などでコースアウトするピットインの速度制限は80km/hと決められているなど、安全に協議をするためのルールがあるのです。

これらのルールを守らずに事故を起こしてしまった場合、過失運転致死傷や危険運転致死傷などの罪に問われる可能性が高くなります。

もともと事故を起こる可能性がある競技なので、小さな事故一つ一つについて警察の取り調べを受けたりすることはありませんが、相手に重傷を負わせたり死亡させたりすると、その原因が検証され、ルール違反が原因で事故が起きたというときには罪に問われるということになります。

プロでもアマチュアでもレースに参加をするには、ルールをしっかりと守って走行することが重要です。

Hondaの自動車レースへの参戦歴史

HONDAのNSX

HONDAの歴史

Hondaは1948年に創業された、自動車や自動二輪車のメーカーです。創業者の本田宗一郎は、大の車好きでレースも大好きな人で、「世界一の車を作りたい」という思いを込めて会社が創られたのです。

1936年に行われた第一回全日本自動車スピード選手権に、本田宗一郎は弟の弁次郎と共に出場しました。その時に乗ったマシンは、フォード4気筒を自分の手で改造したもので、途中までトップを走っていたのですが、ゴール直前に入ってきた車をよけようとしてマシンが回転し、弁次郎は全治6か月の重傷を負い、総一郎も負傷をするという事故が起こってしまったのです。

HONDAのレース参戦

そんな経験もありながら、本田技研が創業されて間もない1949年に、「日米新参対抗レース」に参戦して優勝を飾りました。その後1954年にはブラジルのサンパウロ市で開催された「400年祭記念国際オートレース」に、ドリーム号R125というマシンで出場し13位を獲得し、国産車での参戦ということで注目を集めましたが、ヨーロッパの国々の車の技術とは程遠いものがあったことが分かったのです。

その後、Hondaでは優秀なマシンの開発と優秀なライダーを養成して技術を高めるために、社内公示でライダーを募りHondaスピードクラブを作り、1955年の浅間山高原レース以来、スピードクラブのレーサーたちが活躍することになります。

本田宗一郎の信念

そして、「レースをしなければ車は良くならない、観衆の前でしのぎを削ってこそ世界一への近道だ」いう本田宗一郎の信念が、サーキットの建設へと導き、1962年に鈴鹿サーキットが完成しました。

日本の自動車レース場の紹介

1979年に4サイクルのNR500に挑戦して苦戦をしましたが、1982年には2サイクルのNS500には実戦デビューを果たした後は、世界チャンピオンもたくさん輩出しています。

1964年には、F1世界選手権に出場することを決め、8月にはドイツで行われたグランプリに、Honda製のエンジンとシャーシを搭載したRA271で出場を果たし、1965年のメキシコグランプリではRA272で初優勝を遂げました。しかし、その後、低公害エンジンの研究を始め、本格的な車のメーカーになるため、F1への出場はいったん休止をし、1983年から復帰をしています。

鈴鹿サーキットでは1987年からF1日本グランプリが開催されるようになり、日本にF1ブームが訪れました。1997年には栃木県にも、オーバルコース・スーパースピードウエイとロードコースを持つサーキットが誕生しました。

カートの面白み

カート

カートとは

カートはシンプルな構造の車両の乗り物のことで、小さな子供でも乗れるのが魅力です。

カートの構造

重心の低いフレームが特徴的で、エンジンやシートはむき出し、タイヤも特に覆われていない構造となっています。

車両を構成するフレームは、鉄パイプを折り曲げたり溶接した程度ですから、改めてシンプルで原始的だといえるでしょう。

カートの面白み

しかし、その面白みを紹介すると非常に奥深く、そして幅広い世代に愛されている理由が分かります。

いわゆるレーシングカートの対象年齢は4歳あたりからで、上のユーザー層は還暦を過ぎた人も少なくないです。

子供が乗れることからも分かるように、スピードはあまり出ませんが、それでもハンドルやペダル操作は本格的です。

プロの世界においては、フォーミュラドライバーの登竜門とされているので、原始的といっても馬鹿にはできないです。

世界的な一流F1ドライバーも通ってきた道ですから、プロを目指すならまずはカートが身近な乗り物となるでしょう。

構造こそシンプルですが、車両に必要なものが一通り揃っているので、基本を学ぶ教材として最適です。

ドライビングのテクニックは勿論、セッティングやレースの技術も学べるのが魅力的なポイントです。

カートの種類

カートといっても実はいくつかの種類があって、例えばスプリントは電動スクーターに近い乗り心地が楽しめます。
エンジンは車両を押して掛けるやや特殊なもので、レースを観戦すると良く見掛けることができます。

排気量は100ccほどですが、専用に設計されたコースを走る様子は、興奮や熱狂といったレースらしい楽しみを教えてくれるでしょう。

一方、125セルフモーター小アートはやや排気量が多い125ccで、100ccのものよりも更に乗りやすいのが特徴です。

寿命が長くメンテナンスが容易なメリットもありますから、割と普及しているタイプだといえます。

他にも、2輪向けのエンジンを搭載してカウルを大きくしたスーパーや、スピード重視のスポーツタイプなどがあります。

実際に乗るにはレース場やカート場に出向く必要こそありますが、遊園地でも楽しむことができます。

安全性を理由にスピードはあまり出ないものの、エンジン音や振動にステアリング操作の魅力が体験できるようになっています。

最初はアクセルやブレーキ操作をするだけでも楽しいですが、次第に速く走る魅力に気がつける可能性が高いです。

それこそが実際に体験してこそ味わえる良さで、文字の紹介だけでは伝わらない魅力が詰まっています。

日本の自動車レース場の紹介

鈴鹿サーキット

日本には全国各地に自動車レース場があります。その中で有名なところといえば、FIA(国際自動車連盟)の公認を受けた7ヶ所です。

鈴鹿サーキット

三重県鈴鹿市にある国際レーシングコースで、F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースでよくしられている。

1962年本田技研工業によって建設された。

コースは、「8の字レイアウト」となっており、世界的にも珍しい。

十勝スピードウェイ

「十勝スピードウェイ」は1993年5月に雄大な自然があふれる北海道十勝につくられました。5.1kmのグランプリコース、そしてグランプリを3.4kmのクラブマンコース、1.7kmのジュニアコースに分けることができます。十勝ならでは広さから生まれた、日本では珍しいフラットなコースレイアウトが特徴です。

スポーツランドSUGO

「スポーツランドSUGO」はヤマハ発動機のテストコースとして1975年5月に作られました。それが国際的なレースが開催される会場になり、数々の名勝負が繰り広げられるようになりました。

2輪で走ることを想定していたために、自動車が走るには幅が狭く、「馬の背」と呼ばれる難しいコーナーなどもあることから事故が多く起きています。そのため、このレース場には魔物が棲んでいるとも言われています。

ツインリンクもてぎ

「ツインリンクもてぎ」は栃木県で1997年8月につくられました。SUPER・GTやスーパーフォーミュラなども開催されており、目的に応じて使い分けることができる多彩なコースが用意されています。コースの特徴としてはフラットなコーナーが多いこと、直線の間にコーナーを挟むストップ&ゴーがあります。

富士スピードウェイ

「富士スピードウェイ」は静岡県のレース場でNASCAR開催を目指してつくられました。経営の問題で廃止やF1撤退など多くの困難に直面しましたが、現在でも国際レースが開催される場所として多くの観客を集めています。

コースは世界的にもトップレベルのロングストレートコースがある本コースや、ショートサーキット、ドリフトコースなど5種類があります。

岡山国際サーキット

「岡山国際サーキット」はバブル景気を背景に、1990年につくられました。他のレース場ほど長くはありませんが、F1が開催されたこともあります。

ドライバーの腕が問われるテクニカルなコースであり、観客との距離が近いことからミニモナコと呼ばれたこともあります。

オートポリス

「オートポリス」は1990年に大分県につくられた、九州で唯一の国際サーキットです。阿蘇山麓につくられただけあって、高低差がかなりあってドライバーは運転でかなりの度胸が必要です。

さらにタイヤが摩耗しやすい路面なので、波乱に富んだレースが展開することも特徴です。これまでに運営会社が倒産したり、地震に見舞われたりと危機的な状況に陥っていますが、それを乗り越えて現在もレースが開催されつづけています。

自動車レースの事故

自動車レース

自動車レースは熱狂や興奮を観る人に与えますが、時に凄惨な事故が発生することもあります。

近年は安全性能が向上している一方で、スピードが増したことによって、事故発生時の問題が大きくなりやすい傾向です。

自動車レースの事故原因

原因はいくつかありますが、1つはドライバーの集中力の欠如で、一瞬の判断ミスが衝突に結びつきます。

特に連続した緊張感を伴うF1や耐久レースなどでは、自動車事故の発生リスクが高いといえるでしょう。
その為、近年においてはドライバーの健康管理が重視されるようになっています。
一方では車両の整備不良も、命に関わるように問題に発展することがあります。
高速で走り精密な操作が求められるレースでは、自動車の整備に徹底的なコストや労力を掛けるものです。

しかしそれでも構造が複雑化している車両の整備は難しく、どれだけ細心の注意を払っても常に完璧とはいかないわけです。

他にも、路面状況や視界の不良といった、天候が悪影響を及ぼすケースもあります。

自動車レースの事例

レースの難易度が格段に高く、僅かな操作ミスが事故に繋がるF1では、1954年に最初のドライバー死亡例が確認されています。

1958年にはイタリアとイギリスで3人の死亡が立て続けに起こり、興奮をもたらす自動車に潜む、もう1つの側面をまざまざと見せつけました。

コースアウトで衝突したり、車両の横転によりドライバーが車外に投げ飛ばされるなど、ほぼ即死のケースが相次ぎます。

観客を巻き込んだケースもありますから、それだけに安全対策が急務になったものと思われます。

1960年代に入ると、下顎から上を切断して死亡したり、コースアウトで即死といった事故が頻発するようになりました。

車両が炎上して火傷をした後に亡くなったり、クラッシュに巻き込まれて自動車が大破したレースも存在します。

このような悲劇は各年代で起こっていて、1980年代以降は減少傾向ですが、2000年代になってからも死亡者は出ています。

人々に衝撃を与えた事例といえば、1994年にイタリアで発生したアイルトン・セナのケースです。

コースアウトで一直線に壁に向かい激突した様子は、普段F1を観ない人たちの間でも痛ましい様子に胸を痛めました。

2010年代にも悲しい出来事は起こり、しかもそれは日本で発生しています。
台風による大雨の影響を受けスピンした車両を撤去する中、後から来た車両がホイールローダーに潜り込む形で激突に至ります。

消火技術の向上で火災による死亡例は減少していますが、衝突で命を落とすケースは今も度々発生しているので、今後も安全対策の取り組みが必要不可欠だといえます。

首都高バトルとは何か

首都高バトル

首都高バトルとは

首都高バトルとは、その名前のとおり首都高速道路を舞台とした公道レースゲームです。姉妹作品として街道シリーズが挙げられます。

2006年のバトルXのリリースを最後にこちらのシリーズは途絶えてしまっていましたが、2017年に復活を果たしてスマートフォン専用アプリをリリースしました。しかし、残念ながら同11月29日にサービスが終了しました。実際に存在する車をモチーフにした車が多数登場したり、更にあらゆるレース家系の漫画やアニメなどのオマージュもあります。

こちらのゲームは、初期のころは純粋に1位にゴールというシンプルなものでありましたが、ドリームキャスト版以降から格闘に似た要素のSPバトルが導入されました。

SPとはスピリットポイントの略で、ポイントが無くならない限り勝負が決まらないというもので、ゲームのやりどころの一つです。ゲーム中、相手を追い抜けば相手のSPゲージが減って、引き離せば引き離すほどその減り方が激しくなります、逆に追い抜かれれば自分のSPゲージが減っていく仕組みになっていて、SPゲージが0になった方が負けです。

ゲームシステムは、プレイヤーは高速道路を自由に走って、ライバルを見つけてライバルにパッシングをするとバトルが始まり、勝敗を決することになります。

首都高バトルのストーリー

だいたいのストーリーは、プレイヤーが高速道路の走り屋の一人となり、ライバルたちを倒していき、四天王と呼ばれる強大なライバルを倒して、更なる強大な敵を倒していくもので、一度はまってしまうと釘付けになります。

首都高を完全に再現していると謳っているだけあって、コースレイアウトから走行中の景観まで、可能な限り実物に近づけていることが特徴です。また、当時としてはグラフィックの質が高いことが有名で、プレイヤーが本当に現場にいるような臨場感を味わうことができることも魅力です。

登場する走り屋であるライバルたちも個性豊かに設定されており、一人一人に本名やプロフィールが記載されています。プロフィールの中身は、走りのスタイルやテクニックに関するものから、「兄弟で異なるチームに所属している」、「カード破産寸前」といった些細な内容まで多岐に渡ります。また、夜のドライブにふさわしい曲が特徴で名曲揃いのBGMが多いです。

さまざまなシリーズが展開されており、車好きな人にとっては大変魅力的なバトルゲームなので、興味のある方はぜひ遊んでもらいたいゲームです。

箱根の公道でレースしてはいけない

首都高バトル。箱根バトル。カーチェイスにいそしむ若者は一時にくらべればへったかもしれませんが、未だに、カーレースをしている若者が多数おります。

また、高速で必要以上にスピードを出してしまい、玉突き事故に遭うケースもありました。

普段から、運転に慣れている場合は、ハンドル操作も高速で的確に行えますが、急発進のときはハンドルがとられてしまい、横にぶつけてしまうケースも多いようです。

だから、そもそも、基本公道では、カーレースはしないほうが良いのです。

私達は、安全運転といいながらも、超高級車やスポーツカーに乗ってしまうと、遊び心がうまれて、無茶をしがちです。

安全に運転するように致しましょう。

海外で人気の日本自動車

TOYOTA

自動車を買い替える時などは現在乗っている愛車を売却する人は多いでしょう。

国内ではそれほどの値がつかないという中古車でも海外では高く売れるということもあります。ここでは海外で高く売れる車種について紹介しましょう。

日本よりも海外の方が1台あたりの自動車に乗る年数が長い

愛車を中古車業者などに売る場合、年式が古くなったり、事故車であったり、走行距離が10万キロを突破している場合などは、どうしても売却の査定額が低くなる傾向があります。買い替えをする時に愛車を下取りに出してみると0円だったということもあるかもしれません。

しかし車の車種によっては10万キロどころか20万キロ走行していても高値で売却できる場合もあるのです。また年式が10年以上たっていたとしても、人気であれば売却額も高くなるでしょう。

これは日本国内ではなく、海外で需要がある車だから売却額が高くなるのです。海外では1台の車を長い期間乗る傾向があります。日本では10年程度で乗り換えするのが一般的ですが、アメリカなどでは20年程度乗る人もいるでしょう。

国内では人気のない車でも海外では日本製の車は壊れにくく、長い年月しっかりと走行できるということで人気を集めています。海外で日本車を新車で購入する場合、非常に高くなってしまうので、中古車で購入する海外のユーザーは多いのです。

海外で人気の日本製の車ってどんなのなの?

では海外で人気の日本製の車はいったいどのような車種なのでしょうか?海外では走行距離はそれほど気にされることはありません。車の外観に関しても中古車であれば特に意識されないことが多いようです。

ではいったいどこに重点をおくかということですが、実用性がポイントになってきます。物が多くはいったり、たくさん人が乗れたりするなどの実用性があるものが人気を集めています。つまり見た目よりも、実用性が重要になっているのです。海外では商用車が人気です。

さらにはトヨタのネームバリューは強く、トヨタ車は特に人気です。

カローラは海外でもトップクラスの人気を誇っています。

キーレスの車が登場

キーレス

車を運転する時はエンジンスタートする時や施錠、解錠の時に、鍵が必要になります。しかしこの程発表されたボルボの新型はなんとキーなしに、スマートフォンさえあれば運転することが可能になります。ここではボルボの新しいキーレスな車について考えてみましょう。

2017年発売予定ボルボのスマートな車とは?

2017年にボルボではスマートフォンアプリを車のキーやキーフォブの代わりにする新型車を発売することになりました。この新しいボルボには希望しない限りは物理的な鍵が付いてくることはないので、鍵を忘れがちな人にもおすすめできる車種と言えるでしょう。このボルボの新型車は車のドアの開閉、トランクの施錠、施錠から
セキュリティーシステムのオン、オフ、エンジンの始動なども全てスマホで操作をすることができます。

スマホが鍵になる車のメリットとは?!

物理的な鍵をなくしてアプリを使うメリットは持ち物が減るということ。鍵が一つなくなるだけでも荷物量は減りますね。さらに1つのアプリで複数の車を管理することができますし、一つの車をいくつかの複数のアプリでシェアすることもできるのです。つまり他の人に自分の車を簡単に貸してあげることができるのです。例えば家族などに車を貸す時に従来の方法であれば、鍵を渡さなければ使用することができませんでした。しかしスマートフォンが鍵になった場合、スマホがあれば誰でも簡単に車を操作することが出来るのです。特にレンタカーやカーシェアリングのサービスをこの車で行う場合、キー管理が非常に楽になること間違いなしです。鍵を管理せずにすみますし、事務所まで届けてもらうという心配もないのでのびのびと学校生活を送ることができるようになるでしょう。

デメリットはあるの?

逆にデメリットとしてはセキュリティー面があります。自分の携帯やスマホを落としてしまうと鍵を落としてしまったことになるので非常に危険です。車をアプリからコントロールするというのが重要になってきました。

車の種類(セダン、ハッチバック、クーペ、ミニバン等)を徹底解説

車の種類

車と一言でいっても色々な形や種類、デザインがあります。ここでは自動車のボディタイプの分類について紹介していきましょう。

王道のセダンタイプ

セダンタイプは最も古くからある車の形であり、セダンとは馬車の籠椅子という意味があります。3ボックスという形状になっており、エンジンルーム、乗車空間、トランクの3つに分かれています。また4ドアが一般的ではありますが、2ドアのものも中にはあります。セダンの代表的な車種といえばトヨタのクラウンでしょう。

ハッチバック

ハッチバックは乗車空間とトランクが分かれていない形で、後部のドアが跳ね上がっています。コンパクトカーはハッチバックタイプのものが多く、3ドア、5ドアのハッチバックがあります。

クーペ

クーペは実用性よりもスタイル性を重視した車。クーペは2人乗りのものが多く、後部への荷物の出し入れなどの機能を持ったものもあります。

ミニバン

ミニバンは多人数が乗れるタイプの車であり、3列シートの車はミニバンタイプに当てはまるものがほとんどです。

ファミリーカーの多くは3列シートになっていますのでミニバンタイプに分類されるでしょう。もともとは北アメリカでフルサイズであったバンを少し小さ目の形にしたのがミニバンです。

ただ日本ではミニバンといってもサイズが大きいものもミニバンに分類されています。

例えばトヨタのアルファードや日産のエルグランドなどはミニバンというよりもかなり大型のサイズにはなりますが、車の分類上としてはミニバンタイプになるのです。

オープンカー

オープンカーや屋根がないタイプのオープンな車の分類を言います。屋根がないため非常に開放的です。オープンカーといっても屋根がついているタイプのものが多く、開閉可能なものが主流になっています。屋根が付いていることによって雪や雨の日でも乗れる利便性が出ています。オープンカーの代表的な車種としてはコンバーチブル、カブリオレ、ロードスター、スパイダーなどがあります。

参考:オープンカーのメリット、デメリット

オープンカーのメリットとデメリットとは?

オープンカー

オープンカーと聞くと派手なイメージがありますよね。一度はオープンカーに乗ってみたいという人は多いのではないでしょうか?ここではオープンカーのメリット、デメリットを紹介していきましょう。

オープンカーのメリットとは?!

オープンカーの最大のメリットはオープンした空間で車を走行できるということでしょう。

オープンカーは屋根がひらくタイプの車になりますので、普通の車とは全く違い、開放感、爽快感を得ることができるでしょ。

これは乗ったものにしか分からないオープンカー独特のメリットになります。特に過ごしやすい春や秋はオープンカーの魅力を最大限に感じることができるシーズン。春や秋の季節に空気のきれいなところをドライブすれば気持ちいいこと間違いなしでしょう。

さらにオープンカーは運転していて明らかに楽しいです。いつも通っている道でもオープンカーで走るだけで違った印象を感じることができるでしょう。またオープンカーはかっこいいスタイリッシュなデザインのものが多く、オープンカーに乗っているだけで目立ちます。

また周囲の目をひくことができるので自慢にもなりますね。

オープンカーのデメリット

次にオープンカーのデメリットです。まずオープンカーは屋根が開く構造になっているので通常の車に比べて車体価格が高く設定されています。

また屋根の開くオープンカーは剛性が不足してしまうので補強する分コストも高くかかってきます。さらにオープンカーは一般的に2シーターのものが多く、車内スペースはかなりせまくなってしまいます。2シーターの場合荷物を置くスペースも少なく、あまり積み込むことができないでしょう。

オープンカーで走っているとどうしても砂やほこりが貯まりやすくなるので、車内が汚くなるというデメリットもあります。また冬場や夏場は寒かったり、暑かったりするのでオープンカーの走行には向いていません。

さらにオープンカーで走行しているとかなり人目をつきますのえ変な服装などはできませんし、知り合いに見られる可能性もあるでしょう。