海外で人気の日本自動車

自動車を買い替える時などは現在乗っている愛車を売却する人は多いでしょう。国内ではそれほどの値がつかないという中古車でも海外では高く売れるということもあります。ここでは海外で高く売れる車種について紹介しましょう。

日本よりも海外の方が1台あたりの自動車に乗る年数が長い

愛車を中古車業者などに売る場合、年式が古くなったり、事故車であったり、走行距離が10万キロを突破している場合などは、どうしても売却の査定額が低くなる傾向があります。買い替えをする時に愛車を下取りに出してみると0円だったということもあるかもしれません。しかし車の車種によっては10万キロどころか20万キロ走行していても高値で売却できる場合もあるのです。また年式が10年以上たっていたとしても、人気であれば売却額も高くなるでしょう。これは日本国内ではなく、海外で需要がある車だから売却額が高くなるのです。海外では1台の車を長い期間乗る傾向があります。日本では10年程度で乗り換えするのが一般的ですが、アメリカなどでは20年程度乗る人もいるでしょう。国内では人気のない車でも海外では日本製の車は壊れにくく、長い年月しっかりと走行できるということで人気を集めています。海外で日本車を新車で購入する場合、非常に高くなってしまうので、中古車で購入する海外のユーザーは多いのです。

海外で人気の日本製の車ってどんなのなの?

では海外で人気の日本製の車はいったいどのような車種なのでしょうか?海外では走行距離はそれほど気にされることはありません。車の外観に関しても中古車であれば特に意識されないことが多いようです。ではいったいどこに重点をおくかということですが、実用性がポイントになってきます。物が多くはいったり、たくさん人が乗れたりするなどの実用性があるものが人気を集めています。つまり見た目よりも、実用性が重要になっているのです。海外では商用車が人気です。さらにはトヨタのネームバリューは強く、トヨタ車は特に人気です。カローラは海外でもトップクラスの人気を誇っています。